地震に備えて安心!【地震対策グッズと備蓄リスト】

地震の揺れが収まったらブレーカーを落とす理由

 

地震の揺れが収まったらまずは出火の有無を確認します。

この時注意したいのは、全ての家電製品が火災を引き起こす原因になる!という点です。

 

実際、阪神淡路大震災による火災の原因で多かったのは電気系によるものでした。

 

もっと具体的に言うと、

 

  • 地震が発生する⇒停電になる⇒ストーブなど電化製品のスイッチを切らないまま放置⇒再度電気が通る⇒加熱や途中で切れたコードに通電⇒ショートし火花が散り燃えやすいものに引火⇒火災

 

このように地震では火災が発生します。

停電したからと言って必ずしも電化製品は安全とは限らず、逆に停電の場合は電気が復旧した直後が怖いのです。

 

そのため地震で停電になった時には、地震の揺れが収まると共にブレーカーを落とし引火の原因となるものがないか注意深く様子見が必要になるというわけです。

地震で停電にならなかった場合の注意

地震で停電になったら
一旦、ブレーカーを落とす!
ストーブなどの電化製品のコードが無事か確認する!
出火場所がないかを確認する!

 

停電にならなかった場合
ガス漏れが無いかをチェック!
ガス漏れが無かったらブレーカーを落とす!
ガス漏れがあったら窓を開けガス抜きをする!
ガス抜きをしつつガスの元栓を閉める!
ガスのニオイがしなくなったのを確認後ブレーカーを落とす!

 

もし地震でガス漏れが起こり部屋にガスが充満していると、電化製品やブレーカーのスイッチをいじった時にガス爆発を起こす可能性があります。

 

 

そのため停電になったら一旦ブレーカーを落とし、逆に停電にならなかったらガス漏れを十分に確認してからブレーカーを落とすようにしましょう。

 

停電になっても、停電にならなくても、大きな地震発生後、揺れが収まったのを確認し一旦はブレーカーを落とすようにしましょう。

 

 

地震が発生して火災の原因として考えられるもの

 

地震が発生して火災の原因となるのは、

 

  • ご飯支度中でガスを使用していた
  • 時期が寒い冬でストーブからの引火
  • タバコの火を消せずに燃えやすいものへ引火
  • その他火の不始末からの引火
  • 入浴中の際は湯沸かしの種火
  • 落下や引きちぎられる等によるコードから火花が散り燃えやすいものへ引火

 

など様々な理由が考えられます。

スポンサーリンク