地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

地震に備え軍手を常備しておく

地震が発生し落下物があると物が壊れます。汚れます。それらを素手で触ると手が汚れます。時に怪我をしてしまうことも考えられます。

 

そこで地震に備え常備しておきたいアイテムの一つが、


軍手です。

 

軍手さえあれば木材の破片、割れた食器や窓ガラスの破片などから手を保護できます。

それに寒い冬の時期であれば軍手も手袋ですから気休め程度にでも防寒対策にもなります。

 

実際私も東日本大震災でストーブを使えない数日間、部屋の中で軍手を重ねて使い寒さをしのぎました。

 

3月でもまだまだ寒かったですからね。
ストーブが使えない部屋は外よりも寒かったです。

 

そんな時に軍手はとても助かるアイテムでした。

使い捨て手袋もあると便利

軍手のみならず100均アイテムの一つである、

 

 

使い捨て手袋があるともっと便利です。

 

軍手の下に使い捨て手袋をはめて二重にすることで、より保温効果が高まり冬は防寒対策に役立ちます。

 

更に水に濡れた物を扱っても手が汚れずに済みます。

流石にこれは軍手では無理ですからね。

 

 

それに手洗いが満足できない時でも使い捨て手袋があれば、赤ちゃんのオムツ交換も素手でしなくて済みます。

 

また軍手が汚れても使い捨て手袋と二重なら、手が汚れる心配もありません。

 


大震災ともなれば水が貴重になるため、できるだけ節水に努めるためにも使い捨て手袋は、とても重宝します!

 

大変オススメです。アイディア次第で使い方はいかようにも♪

スポンサーリンク