地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

キッチンの地震対策

 

キッチンでは電子レンジ、冷蔵庫、食器棚など転倒や落下の恐れがある、重くて大きな電化製品が沢山あります。

 

東日本大震災では私の実家で電子レンジが宙を舞っていました。

 

そんな危険がいっぱいのキッチンですが地震対策をしっかりすれば大丈夫!そんなキッチンの地震対策をご紹介します。

  • テーブルの下は揺れた時隠れる場所になるので物を置かない
  • テーブルは地震の揺れで移動したりしないよう床に固定する
  • 電子レンジ、ガスレンジも固定したり耐震用マットを活用する
  • 布巾などの燃えやすいものは火元やコンセントから遠ざける
  • 破片などを踏んで怪我をしないようスリッパは多めに用意しておく

 

などが挙げられます。

 

 

キッチンのそれぞれの地震対策

 

【食器棚編】

  • 丼ぶりなど重量のある食器は下の段へ
  • 地震で食器棚の戸が外れたり、開かないよう止め具をつける
  • 天井と食器棚の上部とを地震用の突っ張り棒で固定
  • ガラス戸なら割れて破片が飛び散るのを防ぐ飛散防止フィルムを活用する
  • 食器棚の上に落下して危ないものは置かない

 

【吊り戸棚編】

  • 重く大きな物は置かない
  • 地震で観音開きの扉が開かないよう止め具をつける

 

【冷蔵庫編】</p>

  • 一番下についているキャスターを取る
  • 天井に固定具を使い転倒しないよう固定する
  • 鎖で壁と冷蔵庫を固定するものでも良い

 

【電子レンジ編】

  • 冷蔵庫の上など自分の目線より高い場所へ置かない
  • 電子レンジを乗せる台を固定する

 

【ガスレンジ編】

  • 燃えやすいものをガスレンジ周辺に置かない
  • 出火しやすい場所なので消火具を付近に設置する
  • 周辺の壁に防火シートを使う
  • 元栓やガスレンジを繋ぐホースのつなぎ目はしっかり閉める

 

【その他】

  • 避難する時のことを考え出入り口付近に転倒の恐れのある大きな物は置かない

 

 

我が家のキッチンの地震対策

 

東日本大震災後、我が家のキッチンから色んな物がなくなりました。

というかストックしていなかったので在庫切れだったというか。。。

 

なのでキッチンで使う物も、

 


しっかり備蓄するようにしました。お写真はサランラップと食器洗い洗剤です。

 

 

これらも震災後はお店から消えたので買えなかったんですよ。
なので今後はこれらを切らさないよう、備蓄用と普段使い用とをしっかり分けて使用するようにしています。

 

 

次にキッチンに手を加えたのは今まで冷蔵庫や電子レンジの上に乗せていたものを、

 


壁に掛けるようにしました。

 

網や止め具も全て100均ショップで揃えたものです。

 

壁に取りつけた網にS字フックをかけて、そのフックに鍋つかみや延長コード、お玉など調理道具をぶら下げるようにしました。

 

「置く」よりも「ぶら下げる」方が揺れても飛んだり、落下したりしないので余震で少しばかし大きく揺れても散らかることなく無事やり過ごすことができました。

スポンサーリンク