地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

情報源の確保

 

阪神淡路大震災や東日本大震災などのような大震災直後というのは、

インターネット、携帯電話、テレビなどほぼ全ての情報源が断ち切られます。

 

電話やメールは不通になり、停電になればテレビを観ることもできません。

 

こうした状況の中で頼りになるのは、

 

電池式のラジオです。

 

一刻も早く自分が置かれている状況を知るためには、何としても情報源となるものを確保しておきたいところです。

 

実際、東日本大震災後の停電の中、テレビも見れず、携帯電話も不通が続いた状態で通信機器から唯一人の声を聞けたのがラジオでした。

 

 

周囲の人の声も安心するのですが、大震災直後は外部から状況を正確に伝えてくれる声が何よりも必要なのです。
そのための手段として電池式のラジオが大いに役立ちます。

 

 

また最近では電池式以外にも手回しで充電できるライトと一体化したラジオも販売されるなど、1台で多機能なグッズが見受けられるようになりました。

 

固定電話、携帯電話、携帯メール、インターネットのこれらは、

一度に多くの人が利用することで繋がりにくくなりますが、ラジオならそういう状況の中でも電波をキャッチし「声」を届けてくれるので1台でも持っていると安心です。

 

 

停電から解放されたら

 

地震発生直後から続いていた停電から解放された時に役立つのはインターネットです。

 

インターネットではリアルタイムに欲しい情報がピンポイントで得られます。


また被災者と安否を知りたい人と個人的なやり取りもリアルタイムで可能になるため大変重宝します。

 

 

地震に備え停電や携帯電話が使えない状況でも情報を得られる情報源を一つでも多く確保しておくことをオススメします。

スポンサーリンク