地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

地震による停電時の明かりの確保

 

大震災に停電はつきものです。

そんな地震による停電時に備えて明かりの確保も十分にしておきたいものです。

 

と言いつつ私は東日本大震災後、当初持っていた懐中電灯を全て処分しました。(古くて不具合が多かったせいもあり…)

 

以前まで使っていた懐中電灯を処分し新たに、


2本の懐中電灯を購入。こちらはいずれもLEDで電池が長持ちするタイプのものです。
しかも電球の数が少なくてもしっかり明るい!という点がお気に入りです。

2本ある内の1本を

 


旦那がカバンに入れて毎日持ち歩いています。

 

これにより仕事中等外出先で地震による停電に見舞われても明かりを確保できて安心です。

 

残りの1本は

 


私が自宅で普段使用しています。

 

電池の買い置きさえしっかりしていれば、非常用だからと置きっ放しにしておくよりも、普段から使っていることで電池交換のタイミングが分かりやすいので「いざ!」という時でも安心です。

 

 

明かり一つとっても選択肢は多いに越したことはない

 

非常時だからこそ明かり一つとっても選択肢は多いに越したことはありません。

というのも上記で紹介したのは電池式です。

 

今は電池式以外にも手回しやソーラー電池で使用できる懐中電灯も売られているので私の場合、

「手回しとソーラー電池のどちらを選ぶか」と悩んでいた時に偶然お店で売られていたのが

 


こちらの懐中電灯でした。

 

 

この懐中電灯じつは、

 

ソーラー電池も普通の電池も両方使えるのです。

 

 

ソーラー電池の充電がなければ

 

普通の電池で使用可能。
逆に普通の電池が切れていたらソーラー電池で使用可能。

 

と、どちらでも使えるので重宝します。

 

 

普段は懐中電灯の先についている紐を使い


日当たりのいい窓際に吊るしておくだけでソーラー電池の充電ができます。

 

このように非常時だからこそ選択肢は一つでも多い方がいいのです。

 

 

停電による非常時の明かりの確保でのポイント

 

人は「真っ暗」というだけで恐怖心が倍増します。

だからこそ日頃から明かりの確保はしておきたいものですが、ここでいくつか注意があります。

 

 

【停電時の明かりの確保におけるポイント】

 

  • 電池式のものは定期的に電池の残量を確認しておく
  • 懐中電灯などの明かりは家の中数か所に設置し、取りやすく目立つ場所に置く
  • 懐中電灯などの明かりの設置場所を家族みんなで確認し覚えておく
  • 寝室や子供部屋には各一つずつ設置しておくと安心
  • ロウソクを使用する際は余震の揺れに十分注意する
  • 部屋全体が明るくならなくても食事程度ならロウソクの明かりだけで十分
  • 震災時に使用するロウソクは倒れる心配のない短いものを選ぶ
  • 手に持つ懐中電灯以外にも防止や服の襟などに装着可能な小さいライトもあると便利

 

 

などが挙げられます。

これらは全て実際に我が家でも実践していることなので、普段から明かりの確保に困ったことはありません。

 

それは大震災後も同様でした。

 

特に各部屋に1個ずつ懐中電灯を置くことがオススメです。

 

何故なら就寝時などは家族みんなそれぞれの部屋にいて離れ離れになるためです。
なので各部屋で最低1つずつ明かりを確保できるようにしておきましょう。

 

ちなみに意外と役立つのが電池式で人を感知して明かりがつくアイテムです。

これを足元や頭より少し高い位置に設置しておけば、停電になっても電池さえ残っていれば人が通るだけで明かりがつくので役立ちます。

スポンサーリンク