地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

地震で水道が使えなくなった時の水対策

 

大震災クラスの地震が発生するとしばらくの間、水道が使えなくなることは珍しくありません。

 

そんな時でも大丈夫なように普段からやっておきたい水対策のポイントは次になります。

 

 

まず鉄則は大震災でライフラインがストップしても大丈夫なように、
最低でも3日分の食料と水を備蓄しておくこと!!

水道水などを備蓄しておく場合のポイント

  • 水は定期的に入れ替える
  • 冷凍庫に大きな入れ物で氷を作っておくと溶けたら水として使える
  • 陽のあたらない場所に置く
  • ミネラルウォーターを備蓄用とする場合は賞味期限に注意する
  • 飲み水用や生活用水用の他、火災発生時に消火活動で使える水もフタ付きのバケツで用意しておく
  • 浴槽の水は捨てずにためておく(満杯でなくても浴槽の3分の1や4分の1の量でもよい)
  • ペットボトルに溜める時は空気を入れないよう満杯まで入れてからフタをすると水が腐敗し難くなる
  • 家の中だけでなく家屋の倒壊も考慮し屋外にも水を入れたポリタンクを置いておく
  • 可能なら雨どいの先にドラム缶を置くなど工夫し雨水も溜められるようにしておく

 

ペットボトルにせよポリタンクにせよ、水を備蓄する場合は賞味期限に注意が必要です。

いくら水道水が保存がきくと言っても限度があります。

 

なので備蓄用の水を普段の生活用水として使いながら中の水を入れ替えるのが望ましいです。

 

  • 植木や庭などに水を与える時に使う
  • お風呂の水をためる時に使う
  • 食器を洗う時に使う
  • ポットに水を足す時に使う
  • 洗車の時に使う
  • 洗濯物を手洗いする時に使う

 

など普段から備蓄用の水を使って中の水を入れ替えるようにすると、緊急時にはいつでもキレイで安全な水を使うことができます。

 

実際我が家でもこのやり方で水を備蓄しています。

 

だから台所や洗面所などの水回りには常に満杯に水が入ったペットボトルが4本ずつ置いてあります。
これらを代わり番こに使っては水を入れ替え、使っては水を入れ替えして使っています。

 

 

我が家の水対策

 

 

我が家はポンプで地下から汲み上げた水を生活用水や飲用水として使用しているので、水道水が使えない。

というより停電でポンプが作動しなくなり水が出なくなることが多いです。

 

そんな我が家の水対策として、中身が空になったら中をキレイに洗って乾燥させた大五郎などの大きなペットボトルに入ったお酒の入れ物を取って置き、それに水をためて備蓄しています。

 

また避難せざるを得なくなった時用に給水車からの給水も受けられるよう、

折りたたんでコンパクトに収納可能な給水バッグを数個用意しています。

スポンサーリンク