地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

大震災には電池の買い置きが強い味方

 

日常の生活の中に電池なしでは使えないものが沢山あります。

東日本大震災の時、改めて電池のありがたみを実感しました。

 

 

また「こういう時に限って・・・」なんて良くあることで、それは電池切れに関しても例外ではありません。

電池が無ければ動かない電化製品も多い

例えば湯沸かし器、ガステーブル、給油ポンプやその他電化製品。

我が家では反射式ストーブも電池が無ければ使えません。

 

またラジカセも停電時には電池がなければ使えません。

 

 

【電池の買い置きが決め手】

 

 

大震災ではよく停電に見舞われます。

普段はコンセントにさして電気で使えるものも、停電時には使えなくなるのです。

 

そんな時、電池の買い置きがあれば強い味方になります。

 

普段使わない種類の電池もあると便利です。

何故なら非常時にはお店から商品がなくなります。

 

 

そこで残り少ない商品を買い求める時、もしそれが買い置きしていない電池を使用するものだったらどうしますか?

 

各製品によって使用する電池の種類が異なります。

それなのに非常時には電池すら買えません。

 

だから電化製品を買っても電池がないから使えない。
そんな事態に陥ります。

 

そんな時、普段使わない電池も買い置きしておけば非常時に電池の種類を気にすることなく残り少ない電化製品を買うことができます。

 

このことから非常時には電池の買い置きが決め手と言えます。

 

 

電池の買い置きと使い道

 

 

東日本大震災の時もそうでしたが地震で揺れが大きくなるとライフラインがストップします。

ガス、水道、電気のこれらが全て使えなくなります。

 

そんな時心強い味方となるのは、

 

 

電池式ラジオとラジオを使うための電池です。

 

災害グッズとして手回しで使えるラジオやライトなども増えてきましたが、手回しのものは連続使用時間が短いので少なくとも当日中にライフラインが復旧するならいいかもしれませんが、復旧に数日や数週間と長い時間を要する大震災の時のような場合は電池式がオススメです。

 

 

また例えば、

 

単3の電池。これは灯油の給油ポンプなどで使用しています。

 

特に冬はストーブなどで毎日灯油を使うので給油ポンプの電池切れは避けたいところ。

 

次に


単2の電池。これはガステーブルや湯沸かし器で使われる電池です。
普段何気に使っているガスコンロや湯沸かし器も電池が無ければ使えません。

 

非常時に限って電池切れ。なんてことにもなりかねないので用意しておくといいでしょう。

 

最後に


単1の電池。

 

この電池は我が家では滅多に使いませんが、東日本大震災の時にはご近所さんと物々交換する時に使いました。。。
だから使わなくてもあると何かの役には立ちます。

 

これらの電池は全てまとめて整理して保管しています。

こうした電池は普段から使って使った分はすぐに買い足して。と、買いっ放しというわけではないので、いざという時でもちゃんと使える電池ばかりです。

スポンサーリンク