地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

地震でライフラインがストップした時あると便利な携帯グッズ

 

自宅に居る時に地震が発生するとは限りません。

もしかしたら職場に居る時や仕事で外回りをしている時に地震が発生する可能性だってあるわけです。
もし外出先で地震に見舞われライフラインがストップしても、あると便利な携帯グッズを紹介します。

非常時用にあると便利な

 

 

携帯グッズは様々な販売されています。それらの中から自分にとって必要なものをチョイスし、いつでもカバンに入れて持ち歩くようにしましょう。

 

帽子や洋服の襟に装着可能な、

 

 

小型ライト(ヘッドライト)。
手に持つ懐中電灯と違い、帽子等に装着可能なので両手が使えて便利です。

 

 

もし建物が崩れたり停電に見舞われても

 

 

物を探したり、真っ暗な中で足元を照らすのに役立ちます。

 

 

東日本大震災では携帯電話の充電ができずに困った人がたくさんいましたが、

 

 

これさえあれば安心です。
ちなみにこれはドコモの機種に適応します。

 

地震後、ライフラインがストップし復旧するまでの間とても役立ちます。

 

 

使い方はとっても簡単。停電中で電気が使えなくても

 

 

携帯電話の充電が可能です。

 

電気を使わずに携帯を充電できるので、車を所有しない人や家を空ける機会が多い人にもオススメです。
携帯電話よりもコンパクトなので携帯しても邪魔になりません。

 

 

ただバッテリー本体となるので充電切れを防ぐために定期的に

 

 

充電しておく必要があります。
それさえ忘れなければ、電池も電気もない状況でも携帯電話の充電ができるのでオススメです。

 

但しこれはドコモ以外の機種には非対応なので他の機種を使っている人はメーカーに同じような機能を果たすアイテムがないか問い合わせてみましょう。

 

 

その他、いつも持ち歩いておきたい携帯グッズ

 

  • 笛(建物に閉じ込められて大声を出せなくても気付いてもらえる)
  • 痴漢撃退用ブザー(笛と同様の働きもしてくれるので一石二鳥)
  • 非常食(キャラメル、飴などを常にカバンに入れて持ち歩く)
  • ラジオ(コンパクトサイズで電池式など様々な種類の中から自分に適したものをチョイス)
  • ビニール袋(ゴミ、トイレ、雨よけなど使い道は様々ある)
  • 携帯電話の充電器(電池式、バッテリーから直接など様々ある)
  • 軍手(倒壊した建物から脱出する時に怪我しないよう手を保護できる)

 

などが挙げられます。

 

いつでも肌身離さず持ち歩きたい携帯グッズは、外出先で地震が起こりライフラインがストップしたり、お店が通常営業できない状態になった時に心強い味方となるため、自分に必要なものを一式揃えておきましょう。

スポンサーリンク