地震に備えて安心!【地震対策と備蓄リスト】

井戸水(地下水)のメリット・デメリット

 

大震災で水道水が使えなくなると水の確保が困難になります。

 

水は飲食用だけでなく洗顔用、手洗い用、トイレ用、掃除用、お風呂用、赤ちゃんのミルク用など様々な用途で使用されるものですから、震災時に備え日頃から水を備蓄しておくことが大事です。

 

さて、貸家や売り家の中には「井戸付き」の物件があります。

ですが普段、水道水をメインに使用され井戸水や地下水を使用したことのない人にとっては馴染みのないものです。

 

そこで井戸水(地下水)のメリットとデメリットは次になります。

井戸水(地下水)のメリット

 

  • 地震で水道水が使えなくても井戸水(地下水)なら使える
  • 飲用水として使える水質なら水道代がタダ
  • 日頃から備蓄用としても大きな容器等にためておける
  • 冬は冷蔵庫で冷やさなくても冷たい水がすぐ飲める
  • 水質や水に含まれる成分によってはミネラルウォーターを買う必要なし
  • ニオイや味が水道水とは全く異なる

 

井戸水(地下水)のデメリット

 

  • 水を汲み上げる装置が電気式だと地震で停電になると水が使えなくなる
  • 水質によって水道水ほど長期保存はきかない
  • 鉄分が含まれていれば蛇口や湯沸かし器が錆びやすくなる
  • 鉄分が含まれていれば洗濯ものが黄ばむ
  • カルシウムが含まれていれば管が詰まりやすくなる
  • 水質によってメリットとデメリットが異なる
  • 水脈がズレたり水が枯れると水が出なくなる

 

まず井戸水(地下水)を飲用水として使用できるかは保健所に調べてもらう必要があります。

とは言え、大震災の最中でも井戸が使えるというのは被災地で暮らす人にとって大変有難いものです。

 

 

後は水質や水に含まれる成分次第で、それをメリットとするか、デメリットとするかは人それぞれとなります。

 

 

井戸水(地下水)を安全な水にしたいなら

 

蛇口に除菌除鉄装置の設置により水道水と同様、安心安全な水になります。

 

井戸付きの物件の契約を検討される人は、震災時のことも考慮し水汲み上げ装置のタイプや水質などを先に確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク